基本に忠実に向き合う

「京料理 和楽(わらく)」の店主・料理人 片山昭博。
三重県津市に生まれ育ち、大阪・京都での修行を経て、
生まれ育ったこの土地で
和楽(わらく)」を創業して15年以上。
基本に忠実で丁寧な日本料理を、お客様にご提供しております。

まず和食の基本である「出汁」。
和楽では2種類の出汁を、お料理に合わせて使い分けています。
お料理や素材と共に、出汁の香りと味をお楽しみいただけます。

もう一つの和食の基本である「旬」。
「旬」を彩るのに大切な「食材」は、
毎朝、店主自らが市場へ足を運び、
魚介類から野菜まで目利きし選んでおります。

「出汁」「旬」「食材」。
これら和食の「基本」と忠実に向き合い、
作り続けてきた和楽の日本料理を、どうぞお楽しみください。

店主

「まずは目で楽しむ。」

修行時代、佐名木孟氏の下で学んだ京料理。
その京料理の「見た目の美しさ」は、
和楽の原点の一つにあります。
和楽の日本料理。
まずは目で見てからお楽しみください。

和楽のこだわり

和食の基本であり、味の素となる「出汁」。
和楽では昆布だしをベースに、
「めじ節」と「かつお節」の二つの素材から別々に出汁を取り、
一番出汁のみをお料理に合わせて使い分けています。
それぞれの出汁が持つ旨味・香りの違いを、
お楽しみいただけます。

めじ節

めじ節

めじ節はキハダマグロを原料とした
削り節です。
透明感があり、ほんのりとした甘み
と淡白で上品な出汁が特徴です。
和楽の「めじ節」は長年付き合いの
ある鰹屋さんから、
当店のためだけに「めじ節」をご用
意していただいております。
和楽ではお吸い物とおすましで、そ
の風味豊かな味わいをお楽しみいた
だけます。

お吸い物

鰹節

かつお節

鰹節は上品であっさりしており、芳
醇な香りが特徴です。
昔から日本料理には欠かせない節の
一つです。
素材自体の良さはもちろん、
出汁を取るタイミングにも大変気を
使っています。
和楽では御食事の赤出汁や煮物など
に使っています。

煮物1

煮物2

「旬を感じて、季節を楽しむ。」

日本ならではの四季。
色とりどりの季節を楽しみ、走り・旬・名残を、
香りと味覚で堪能する。
一皿を通して、日本料理の奥深さ、
美しさを感じていただければ幸いです。

Top